本文へスキップ

日宝社中株式会社は安全、そして安心を提供する会社です。

TEL. 03-6903-8470

〒115-0055 東京都北区赤羽西1丁目30番2-401号





警備員の教育制度
安心・安全なの警備業務を提供するために、警備員の知識、能力の向上に努めています。
警備員教育を、より実効あるものとするために、さまざまな制度が設けられています。
警備員の法定教育制度として警備業者は、その警備員に対し、次の教育を行ないます。
●新任教育

警備業法に基づき、新たに警備業務に従事する警備員は、新任教育を受けてから警備業務に就きます。
警備業務に従事するまでに基本教育15時間以上、業務別教育15時間以上、計30時間以上の新任教育を行います。

警備員として最低限習得すべき基本教育(基礎的法令や知識、心構え、技能等)を学び、さらに業務別教育を受けた後、それぞれの現場において実地に教育を受けます。

●現任教育

現任の警備員は、年間の教育期前期(4月1日〜9月30日)と後期(10月1日〜3月31日)の教育期においては基本教育3時間以上、業務別教育5時間以上、計8時間以上の現任教育を行います。
現任の基本教育及び業務別教育は、各業務、現場の実態に即した教育を実施し警備員の知識及び能力の維持向上を図っています。


●巡回指導教育

教育担当者が不定期に現場を巡回し、警備業務を行う際の動作・立ち位置等が適切であるか、資材等が正しく使用されているかなどを確認、または指導致します。





・基本教育
 1.警備業務実施の基本原則
 2.警備員の資質向上
 3.警備業法その他警備業務の適正な実施に必要な法令
 4.事故発生時における警察機関への連絡・応急措置
 5.護身用具の取り扱い

〇新任教育
 基本教育15時間以上・業務別教育15時間以上 
 計30時間以上

〇現任教育
 基本教育3時間以上・業務別教育5時間以上 
 計8時間以上

警備業務においては入社前の方に行う新任教育、警備業務に従事している隊員の方に行う現任教育はもとより、警備業務を行うにあたってプロフェショナルな隊員を育成するための研修及び訓練を徹底しております。また業務に必要な資格取得を推進し、バックアップしていきます

バナースペース

日宝社中株式会社

〒115-0055
東京都北区赤羽西1丁目30番2‐401号

TEL 03-6903-8470
FAX 03-6903-8475